オフィスH&M

    お電話でもご相談を受け付けております

  • TEL 06-6409-4627

産業廃棄物収集運搬業の許可申請の手続き

産業廃棄物の運搬をする会社の許可申請サービス

産業廃棄物の運搬をする会社の許可申請

産業廃棄物の運搬を行うためには行政の許可が必要になります。この許可は大変手間がかかり且つ面倒であったりします。 オフィスH&Mではそのような指定申請の代行をお得な値段で承っております。気軽にご連絡ください

産業廃棄物収集運搬業の許可申請代行について

1.産業廃棄物収集・運搬事業の許可の種類(1)

運搬する産業廃棄物の種類や運搬の方法(直接運搬するか、途中で積替えするか)の違いによって取得する許可の内容が異なりますので 下記をごらん参考に該当するものを取得してください。

(1)積替え・保管を含まず、一般産業廃棄物を運ぶ

一般の産業廃棄物を排出源から直接、処理施設や処分場へ運びます。

(2)積替え・保管を含まず、特別管理産業廃棄物を運ぶ

爆発する、人体や環境にとって有害であるといった産業廃棄物(*)を排出源から直接処理施設や処分場へ運びます。

(3)積替え・保管を含み、一般産業廃棄物を運ぶ

一般の産業廃棄物を積替え・保管施設において保管し、そこから処理施設や最終処分場へ運びます。

(4)積替え・保管を含み、特別管理産業廃棄物を運ぶ

爆発する、人体や環境にとって有害であるといった産業廃棄物(*)を積替え・保管施設において保管し、そこから処理施設や最終処分場へ運びます。

(*)特別管理産業廃棄物の例

(5)同一の政令市内で積替え等の搬送する場合

該当する政令市で許可を取得します。

(6)ひとつの政令市から別の政令市へ直送する場合

それぞれの政令市で許可を取得します。

(7)政令市から政令市以外へ直送する場合

都道府県と該当する政令市で許可を取得します。

(8)政令市以外から政令市以外へ直送する場合

都道府県で許可を取得します。

2.産業廃棄物収集・運搬事業の許可を受ける際に必要な条件

産業廃棄物の収集・運搬事業を実施するために次のような条件が必要になります(抜粋)

1.産業廃棄物が飛散・流出・悪臭を出さないような車両・容器を用意していること
(例)ダンプトラック、吸引車、ドラム缶といったもの

2.施設・車両の使用権限を有していること

3.講習会を受けて、修了いること

4.債務超過の状態でないなど事業を行うための経理的基礎を有していること

5.欠格要件に該当していないこと

6.事業を実施していくのに適切な資金計画があること

7.申請者が法令試験に合格していること

8.自動車損害賠償責任保険に加入していること

9.社会保険【健康保険・厚生年金)に加入していること(加入する必要のあるところ)

3.産業廃棄物収集・運搬事業の許可申請を委託する場合のフローチャート

  • ご相談・ご依頼
  • ヒアリング
  • 講習会への参加・修了
  • 許可申請書などの作成
  • 登録免許税などの入金
  • 申請書などの提出
  • 許可の決定(許可の場合)
  • 請求・入金
  • 4.産業廃棄物収集・運搬事業の許可申請に際してお客様にご準備いただくもの

    1.自動車検査証

    2.賃貸借契約書

    3.事業所等の付近見取り図、駐車場の見取り図

    4.講習会修了証の写し

    5.直近3年間の損益計算書、貸借対照表、株主資本等変動計算書など

    6.直近3年間の納税証明書

    7.直近3年間の確定申告書

    8.定款・登記事項証明書(登記簿謄本)

    9.住民票(法人の場合は役員全員と100分の5以上の株を持っている株主全員)

    10.成年被後見人および被保佐人に該当しない旨の登記事項証明書(法人の場合は役員全員と100分の5以上の株を持っている株主全員)

    5.産業廃棄物処理・運搬事業の事前協議にかかる費用

    費用の種別 直送(設置保管場所を伴わない)の場合 設置保管場所を伴う場合
    手数料 81,000円~ 81,000円~
    事前協議等にかかる費用 50,000円~ 50,000円~
    諸経費・報酬 400,000円 500,000円
    合計 570,000円~ 670,000円

    (ご案内)

    セットプランの概要についてはこちらをご覧願います。なお、セットプランの契約期間は原則1年間とさせていただきます


    お電話でのご相談も受け付けております